悪用が止まらないSNSの世界!麻薬犯罪に利用されるケースが多数

悪用が止まらないSNSの世界!麻薬犯罪に利用されるケースが多数

この記事は5 分 19.2 秒で読めます。

悪用が止まらないSNSの世界!麻薬犯罪に利用されるケースが多数

近年、SMSからTwitterなどのSNSにまで犯罪に利用されるケース多々あります。
実際にTwitterを見てみると、麻薬に使われる隠語が多数でてきます。

avatar

質問者

Yahho!ニュースのヘッドラインに『「沖縄で手押しの方いますか?」10代の大麻汚染、捜査を阻むSNSと暗号化アプリ』という記事があって気になりました。

沖縄タイムスの記事のYahoo!ヘッドラインニュースですね!
今回は手口ではなく、全体的な話をします。

avatar

Saki

SMSでよく使われていた犯罪がTwitterなどのSNSに拡大

SNSが犯罪に使わているというニュースが増えてきましたよね。

avatar

Saki

Saki

最初の頃は、携帯電話などのSMS(ショートメッセージサービス)が麻薬取引に使われているというニュースがあり、さらにEmailやFacebookなどのメッセンジャーなどへと、拡大しました。
最近では、TwitterLINEなどで隠語を使い、堂々と取引や勧誘などに使われていますね。

実際にTwitterで検索すると相当数になります!
2019/06/09時点でTwitterで隠語を検索すると洒落にならない数のツィートがでてきます。

Twitterで隠語を検索すると洒落にならない数のツィート

上の画像はTwitterでの「野菜」「手押し」「アイス」の例ですが、
野菜の写真を使って、誤魔化しているケースも多いようです。
また、見られやすい「プレゼント」などの単語を使われています。

野菜としか書いていないのに、1本○○○○円〜とか(そもそも1本って)、
金額的にありえないものとか、
常識的にみれば、おかしいとすぐに分りますよね。

そもそもTwitterなどのSNSで通販HPや記事の投稿とかではなく、単なる販売告知する意味が不明ですから、おかしいとしか言いようがありません。

また、このような人が拡散先求めてフォローし、このようなツィートをしたりすることがあったりします。
フォローを解除されても、拡散先の数は確保できるのでやりたい放題です。

avatar

質問者

確かにおかしなツイートが多いですよね!
フォロー返しも気をつけないと!ですね。

決して反応しないように!

avatar

Saki

avatar

質問者

それに野菜の通販をしている人にも迷惑ですね。

そうですよね!
現地直送で新鮮な野菜の通販は人気ですし、ホント迷惑な話です。

avatar

Saki

ターゲットは沖縄と東京・大阪近郊!?

Saki

Twitterだけでいうと、沖縄と東京・大阪近郊へのアプローチが多いですね。
しかも、反応したりリツイートしている数も多いです!

この記事を書きながら、ざっと調べただけ、
「野菜」「手押し」で780件
「野菜」「手押し」「都内」も付加すると210件
「野菜手押し」「大阪」も付加すると70件
とツイートの件数がありました!
神戸など大阪近郊の地名まで含めると、大阪周辺はもっと増えるでしょう。
必ずしも、この全てが取引に関係している訳ではないので、ご注意ください。

逆にニュースになったせいで、沖縄での手押しツィートは静かになったようです。
一度、ご自身の住む地域や地名で調べてみると良いかも知れません。

麻薬の販売は基本手渡しなので、その地域に潜伏しているということを意味しているのでしょうね。

avatar

質問者

これって拡散しているということですよね!
まずくないですか?
なぜ警察などは対応できないのですか?!

なぜ警察やSNSサービス業者は対応できないのか

落ち着いて下さい。
今から簡単に説明しますね。

avatar

Saki

Saki

問題は、法律的に明らかに犯罪と立証できるものでないと麻薬取締官や警察が動けないところです。
また、SNS業者は警察ほどではないですが、明らかに犯罪と認識できないと対応しにくいです。

麻薬取締官は厚生労働省の職員です。

麻薬取締官(まやくとりしまりかん)は、麻薬取締や薬物の不正ルートの解明などの薬物犯罪の捜査や正規麻薬(医療などの目的で許可を受けて合法的に使用される麻薬)の不正使用・横流し・盗難等の監視・捜査を行う厚生労働省の職員である。俗に麻薬Gメン、マトリと呼ばれる。具体的には、厚生労働省の地方支分部局である地方厚生局(地方厚生支局を含む)に設置されている麻薬取締部(沖縄麻薬取締支所を含む)に配属されている。

ウィキペディア(Wikipedia)より

厚生労働省 地方厚生局 麻薬取締部によると、

応募資格は、

①国家公務員採用一般職試験(大卒程度試験)「行政」又は「電気・電子・情報」の第1次試験の合格者(ただし,最終合格者を採用の条件とします。)
②薬剤師,薬剤師国家試験合格者又は薬剤師国家試験合格見込みの者で,平成元年4月2日以降に生まれた者(ただし,薬剤師国家試験合格者及び薬剤師国家試験合格見込みの者については,薬剤師免許の取得を採用の条件とします。)
③麻薬取締官として職務執行に支障のない健康状態である者

厚生労働省 地方厚生局 麻薬取締部 HP より

となっています。

麻薬取締部は、薬物関係法に関する捜査や逮捕など行っています。

・麻薬及び向精神薬取締法
・あへん法
・大麻取締法
・覚せい剤取締法
・国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律(麻薬特例法)
・医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律

厚生労働省 地方厚生局 麻薬取締部 HP より

あまり知られていませんが、麻薬取締官は場合によっては銃の所持もありますので、銃の取扱や発砲などの訓練もします。
麻薬取締官けん銃警棒等使用及び取扱規程』で定められています。

インターネットを利用した広域犯罪についても積極的に捜査を実施しているとのことですが、全国でわずか260名程度ですので、SNSなどのネット絡みの捜査は手薄になっていると思われます。

また、SNS業者に対しても、未然の防止策はSNS業者任せになっています。
SNS業者も明らかに犯罪と思われる書き込みでないと、対処が難しいです。

未然の防止という意味では、麻薬取締部がSNS業者に対して、ブラックワードの提供やブラックワードを使用している対象者の情報の提出などの相互協力が必要になります。
しかし、これが公になると一部のメディアや識者などが監視社会だとか個人情報保護がどうとか騒ぎ出すので、難しいところです。

avatar

質問者

たしかに、厳しくすると監視が横行するので嫌ですね。
けれど、特に子供達が安心して暮らせる社会が必要なので、
未然に防げるよう、ある程度は監視してほしいです。

そうですね!
SNSを見ていると犯罪に関わる書き込みが多くなっている感が強いので、法律上で未然の防止をして欲しいです。

avatar

Saki

gennzaiuteruteha私達があやしいと思ったツイートなどを下の麻薬取締部に連絡するしかないです。

avatar

Saki

avatar

質問者

電話かメールというところがちょっとアレですね!

いたずら防止という側面からのものだと思いますが。
SNS業者に連絡するとアカウント停止または削除だけで、肝心な麻薬操作部に連絡が行かない可能性もあります。

avatar

Saki

関連する法律

最後に関連する法律を列挙しておきます。

avatar

Saki

・麻薬及び向精神薬取締法
・覚せい剤取締法
・大麻取締法
・あへん法
・医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律
・国際的な協力の下に規制薬物に係る不正行為を助長する行為等の防止を図るための麻薬及び向精神薬取締法等の特例等に関する法律
など。

匿名性の高いSNSでの利用は、時に犯罪に使われるケースが多々ありますので、特に未成年の方は気をつけて欲しいです!
また、決して手を出さないよう学校などでの教育や国民への周知徹底して欲しいです。

avatar

Saki

Internetカテゴリの最新記事