コロプラのセールスランキング操作の問題はゲームアプリの売上に影響しない?!

コロプラのセールスランキング操作の問題はゲームアプリの売上に影響しない?!

この記事は5 分 31.6 秒で読めます。

コロプラのセールスランキング操作の問題を読む!

コロプラが起したランキング操作問題は別に目新しいものではなく、同じようなサクラ問題は様々なサービスで起きています。
今回の事は、出展者側の倫理観やモラルの低さが露呈した形になりました。
サービス提供側はユーザーの利便性を考え、ランキングや評価のレベルなどの機能をサービスの一貫として行っています。
しかし、これを悪用しようとする企業や業者は後を絶たないです。
ただ、ユーザーの多くはそれを知っていても、気になるものは購入または利用します。
結果的にコロプラのしたことは、ゲームアプリのインストールなどに影響しないということに。

avatar

質問者

コロプラの社員が自社の資金850万円を使って、取引先に課金を依頼してセールスランキング操作したそうですね。

このニュースですね!

avatar

Saki

私も「コンピュータ セキュリティの最新情報とIT最新ニュース」で知りました。

avatar

Saki

まずはコロプラの問題行為の詳細からみてみましょう!

avatar

Saki

コロプラが起こしたセールスランキングの操作問題

Saki

コロプラが6月21日、コロプラのゲームタイトル『最果てのバベル』でGoogle PlayApp Storeのセールスランキングの操作を目的とした不適切な取引があったと発表。
コロプラの役職者を含む従業員2名が関与し、取引先に自社費用850万円をもってゲームタイトル『最果てのバベル』に課金するよう依頼し、6月13日にこの取引先が課金を実施した疑いが判明。
ということです。

図解すると、こんな感じです。

コロプラが起こしたセールスランキングの操作問題

要は売上を伸ばすために取引先に850万円でサクラをしてもらい、Google PlayやApp Storeのセールスランキングの順位などを上げたということです。

コロプラだけじゃない!サクラ問題は他でも起きている

avatar

質問者

有名なものでは、amazonでも出店業者がサクラを依頼してランクなどレビューしているということが問題になっていますよね?

Saki

そうです!
図解するとコロプラのランキング操作問題と同じです。

amazonのカスタマーレビューのサクラ問題

amazonのカスタマーレビューを見ていると、
以前は、amazonで未購入にも関わらずレビューで非常に高い評価をしていました。
問題が騒がれるようになってからは、amazonで購入後に同じようなレビューを書いています。

avatar

Saki

avatar

質問者

しかし、購入後なら分からないのでは?

同じamazonアカウント名で、同じような出店業者から割と高額の商品の購入が多く、そのすべてが高い評価のレビューしています。
また、そのレビューの内容が不自然すぎますので、調べていると怪しいと感じます。

avatar

Saki

avatar

質問者

amazonをよくチェックしている人なら、一目瞭然なのですね!

すぐに分りますよ。

avatar

Saki

avatar

質問者

amazonは対策しているのですか?

Saki

amazonも問題が騒がれた後は、レビューの公開前のチェックを厳しくしています。
その人の各レビューの内容チェックなど相対的に判断することが難しいので、手を焼いているようですが。

さらに問題となるのが、対象となる出店業者が日本にダミー会社を置く海外業者が多いことです。
またそういう場合、出店業者と依頼先のレビュー者の間に仲介業者などが介在している場合もあり、余計に追跡が難しいです。

実際、そういう商品に限って、部品の欠品・初期不良・縫製不良などの問題が多い商品だったりします。
amazonから商品を購入する側からすると迷惑でしかないのですが、消費者庁に報告するにしても一度限りの購入だと難しいです。

こういう場合、統計を取らないか限り分からないので、amazonと消費者庁と消費者が連携しないとほぼ無理です。
そういうサイトを立ち上げてみるのも面白そうですが(笑)

avatar

質問者

難しそうですね。
通販で購入する時には、よくチェックしたいと思います。

是非、そうしてくださいね。
脱線しましたが、話を戻します。

avatar

Saki

会社の責任?!担当者の責任?!

avatar

質問者

ところで、コロプラのセールスランキング操作の問題は社員が勝手にやったのですか?

Saki

最初は、「過去の問題すら理解できていない部下リスクマネージメントができない上司」という構図かと思いましたが、ニュースや謝罪文などを見る限り、以下のようなことが問題と考えられます。

① 役職者の了解を得てまたは指示されて、従業員が取引先に依頼していること。
② 会社の費用850万円は雑費で計上できないので、社内会計を通していると思われます。
③ 費用が高額なので、稟議書などで会社役員にも回っていると思われます。

一般的に、役職者がコロプラの取締役レベルでないと、極秘裏に行うことができません。
もし、取締役レベルの役職者が知らないのであれば、コロプラの取締役9人と監査等委員3人の稟議書などのチェック体制がもの凄く低いまたはということになります。

株式会社 コロプラは、

株式会社 ソーシャルインフォ
株式会社 インディゴゲームスタジオ
株式会社 コロプラネクスト
株式会社 リアルスタイル
株式会社 ピラミッド
株式会社 360Channel
株式会社 エイティング

という小会社を抱えるグループ企業なので、なにかの問題を抱えているのでは?という憶測すらしてしまいます。

特にゲームアプリ開発にかかる費用は、ざっぱにいうと大半が外注費を含む人件費で、残りが宣伝・営業費、残りが雑費みたいなものです。
1つのアプリの売上の成否が次のアプリを開発するための費用であり、失敗すると銀行から借り入れなどをすることになります。
また今回の問題は、コロプラは東京証券取引所第一部に上場しているので、コロプラの株価にも影響します。

意外に奥が深い問題かもしれません。
トカゲの尻尾切りにならなければ良いのですが。

特にコロプラの謝罪文を見ると、そうなる可能性が高いです。

『現時点では過去における同様の取引は確認されておりませんが、当社は今回の事象を重く受け止め、
取締役会を開催し第三者を含めた調査委員会を立ち上げ、厳正かつ徹底した調査を実施する予定です。
また、当該従業員に対する厳正なる処分を実施する方針です。委員会の人選につきましては確定次第速
やかに開示します。』
コロプラの「当社従業員による不適切な取引について 」より

まとめ

ただ、こういう問題が起きてもアプリに影響がでません。

avatar

Saki

avatar

質問者

どうしてですか?!

ゲームの内容で話題になっているゲームは、会社の問題に関係なく「話題になっているゲームはやってみたくなる」のがゲーマ達の心理です!

avatar

Saki

avatar

質問者

そういうものなのですね(笑)

良いものはヒットするし、悪いものは全くユーザーが増えないのです。

avatar

Saki

avatar

質問者

それではランキング操作した意味がないのでは?

ランキングを見てインストールする人は、ビギナーというかゲーマとまでは呼べないゲーム好きな人達でしょうね。
つまり、コロプラがランキング操作しても、中課金または重課金するゲーマ達には影響がほぼ無いといって良いでしょうね。
そんなことをするなら、ゲーム関連の掲示板サイトなどにサクラで書き込ませた方が遥かに影響度が大きいですし、拡散力も高いです。
それはそれで問題なのですが。

avatar

Saki

avatar

質問者

たしかに、重課金するゲーマはものすごい金額を課金するらしいですね。

ゲーム会社が欲しいのは、中課金、重課金ゲーマの人達ですから!

結局「良いゲームはランキングなどの評価に関係なくヒットする!」ということです。

avatar

Saki

こういうところは、通販サイトのサクラ問題とはかなり違いますよね。

avatar

Saki

Mobileカテゴリの最新記事